知っ得!特殊清掃知識

「特殊清掃」というのは多くの場合、死体現場など、人がなくなってしまったところの部屋を清掃する人の事になります。

どうしても、「特殊清掃」というのは試練のような気持ちになってしまうことも少なくないといわれています。

人の死体を見ることは少ないといえども、猫などの動物の死骸を「特殊清掃」するときは、そういった死骸を目の当たりにすることが多いといわれています。

道などで引かれて死んでしまった動物だけでなく、家の天井などに入り込んでそのまま死んでしまった動物なども少なくありません。

そういった場合は多くの人は気が付くポイントとしては、悪臭や、蛆虫が異常に発生していることが原因だといわれています。

蛆虫はどこからともなく発生してくるために、発見したときには見るも無残な状態になってしまっていることも多いといわれています。

目の中から蛆虫や身体からウジ虫が湧いていることも多く、虫というのは寄生してしまうことも多いため、気を付けて扱わなくてはいけません。

しかし、取りにくい場所で死んでしまっていたりしたときはそこまで行って取りに行かなくてはいけません。
これもこれでまた非常に勇気のいるものだといわれています。

こういった動物などの死骸というのはどのようにして作業を行っていくのかというと、普通にビニール袋に入れて持ち出すということだけになります。

この作業は考えてみるだけでは非常に簡単な作業かもしれません。
いざ、蛆がたくさんわいた動物を、ビニール袋に入れるというように考えてみると、気分的には非常にいいものではありません。

木曜日, 4 6月 2015 on 特殊清掃の苦労.

Comments are closed.

知っ得!特殊清掃知識 - 「特殊清掃」というのは多くの場合、死体現場など、人がなくなってしまったところの部屋を清掃する人の事になります。.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top