知っ得!特殊清掃知識

「特殊清掃」というのは多くの場合、死体現場など、人がなくなってしまったところの部屋を清掃する人の事になります。

「特殊清掃」というのはれっきとしたきちんとした仕事であるにもかかわらず、間違った情報などが行きかっているようです。
どうしてもさげすんだ目で見られたりだとか、奇異の目で見られてしまうことも少なくないとの事。

というのも、こういった「特殊清掃」というのは体験している人の方が圧倒的に少ないからなのです。

そのため、何も悪いこともしていないのにもかかわらず、じろじろと見られたりして、どうしても嫌な気持ちになってしまうことも少なくないのです。

こういった目で見られると、「特殊清掃」という特殊な仕事に一生懸命になって行っている人でも、やる気をそがれてしまうことも少なくないようです。

特殊清掃には「事故現場特殊清掃士」という資格が必要です。
「事故現場特殊清掃士」>>よくあるご質問 | 事件現場特殊清掃センター

「特殊清掃」の人たちはどんなことと戦っているのかというと、まずは、悪臭が立ち込めているといわれています。

とはいえ、掃除するのに、ガスマスクのようなものをして清掃をするわけにはいきません。
ほとんどの場合、普通のマスクのみで「特殊清掃」を行い始めることが多いといわれています。

しかし、普通のマスクとはいえども、匂いが完全に封鎖されるわけではありません。

そのため、まず耐えなくてはいけないのは、悪臭だといわれています。

この悪臭というのは、どんな悪臭かといわれても表現しにくいもののようで、とりあえず、吐きそうになるようなにおいだといわれています。

しかし、仕事である以上そんな顔を見せるわけにはいきません。

土曜日, 25 4月 2015 on 特殊清掃は覚悟が必要.

Comments are closed.

知っ得!特殊清掃知識 - 「特殊清掃」というのは多くの場合、死体現場など、人がなくなってしまったところの部屋を清掃する人の事になります。.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top